スポーツ外傷・障害

膝前十字靭帯

膝前十字靭帯とは、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間で膝関節の中にあり、脛骨の前方動揺と回旋を制動し、関節の安定を保つための靱帯です。

引用:グレイ解剖学アトラス 原著第1版

前十字靭帯損傷の原因

受傷の原因は様々ですが、スポーツで受傷する場合は大きく2つに分けられます。

  1. 接触型:コンタクトスポーツなどで直接相手と接触する際に受傷する
    ラグビー、フットボール、柔道など
  2. 非接触型:急な方向転換、ジャンプ着地動作などで受傷する
    バスケットボール、サッカー、バレーボールなど

症状

症状として、受傷時に「膝が外れた感じ」や、「断裂音」が聞こえると言います。そして、痛みや腫れ、膝の曲げ伸ばしの制限が出ます。また、一度損傷した前十字靭帯は自然修復することはありません。そのまま放置しておくと膝が抜ける「膝崩れ」をおこし、膝関節内の半月板や軟骨を損傷してしまう危険性も十分あります。またレントゲンのみでは分かりませんので、MRI検査で明確な診断を受けることが必要不可欠です。

治療

一度断裂した靭帯は自然修復されることはありません。スポーツ現場や日常生活上で膝の不安定性が明確な場合は、前十字靭帯を作り直す再建術が必要になります。

手術

一般的には、膝の前方にある腱(膝蓋腱)や太ももの裏にある腱(半腱様筋腱・薄筋腱)を採取し、移植していきます。
a.膝蓋腱(膝蓋靭帯)
 膝蓋骨と脛骨のあいだにある腱で、1cmほどの幅で骨を付けて採取する
b.半腱様筋腱・薄筋腱
 膝関節後面内側にある膝屈筋腱を採取する

引用:「Spalteholz」より

リハビリテーション

前十字靭帯再建術後のリハビリは、日常生活動作の獲得を目標とする「メディカルリハビリテーション」と、スポーツ復帰を目標とする「アスレティックリハビリテーション」に分けられます。

メディカルリハビリテーション

手術翌日から開始し、入院中の1週間から10日ほどは患部の痛みや状態に応じて、少しずつ関節可動域の改善や筋力回復を図っていきます。手術後1ヶ月程度で正常歩行まで改善してくると、競技復帰を見据えて、スポーツ全般に基本的な動作となるスクワットやランジといった動作を練習し、より強度を上げて筋力強化を図っていきます。

アスレティックリハビリテーション

手術後3ヶ月程度経過すると、日常生活での問題はほとんど解消されます。膝の関節可動域の制限も改善され、軽いジョギング程度の運動であれば可能となります。アスレティックリハビリテーションでは、手術をした患部のみのトレーニングだけではなく、患者様個人の身体状態に応じてスポーツ動作に必要な体の機能を、全身的にトレーニングしていきます。最初は基本的な動作を行い、徐々にダッシュやジャンプ、ステップ動作など運動強度を上げていき、より競技特性に特化したトレーニングを行なっていきます。また、身体の筋力、持久力、柔軟性、俊敏性、瞬発力といった体力面と、動作のコーディネーションなど身体機能全体の向上を図り、競技復帰だけでなく、最受傷の予防にも努めます。手術後6ヶ月程で医師からスポーツ復帰の許可が出されると、さらに運動強度を上げながら競技復帰を進めていきます。完全に競技へ復帰するにはおよそ7~9ヶ月程度要します。

当院の特色としては、病院併設のメディカルフィットネスCUOREを利用して、より集中的にアスレティックリハビリテーションを行える環境を提供しています。理学療法士によるオアーダーメイドプログラムで、より早く、安全に競技復帰できるように努めています。詳しくは当ホームページの【リハビリテーション】をご覧下さい。

当院の取り組みが「TeNY医療の広場 専門医のススメ」に紹介されました

MOVIE 「TeNY医療の広場」から ~前十字靭帯損傷 術後リハビリの重要性~

球技スポーツなどを行っていてよく起きるケガとして突き指があります。一言に突き指と言っても医学的には、指の関節の場所などにより様々な分類があります。

1.槌指(つちゆび : マレット・フィンガー)野球指(ベースボール・フィンガー)

野球のボールなどで突き指をして、もっとも指先の関節(DIP関節)が伸びなくなった状態。
関節付近の腱(伸筋腱 : 指を伸ばす)が切れる場合と腱の付着するもっとも指先の末節骨の骨折を伴う場合があります。

2.PIP関節(指先から2番目の関節)脱臼骨折

いわゆる“突き指”でこのタイプが多い。球技やコンタクトスポーツでPIP関節が過伸展(手の甲側に曲げられる)あるいは軸圧のため受傷。

3.母指(ぼし : おやゆび)MP関節(親指の指先から2番目の関節)尺側(人差し指側)

側副靱帯(そくふくじんたい : 骨と骨をつなぐ線維)の損傷
スキーストックを握ったまま転倒して手をついたときに生じることが多くスキーヤーズ・サムの名前があります。

4.他にも関節の脱臼や骨折、靭帯損傷などのいろいろな病態が起こりえます。

マレットフィンガー(骨折あり)
マレットフィンガー(骨折あり)
DIP関節脱臼骨折
DIP関節脱臼骨折

突き指の治療法

症状やレントゲンの結果から、怪我の部位、状態を判断し、治療法を決定します。 自然に靱帯などの修復が期待されれば、一定期間、副子(そえぎ)を使って指関節の屈曲・伸展(曲げ伸ばし)を制限する保存療法を行います。 障害が残る可能性がある骨折のズレや靭帯損傷の場合には手術治療を行います。 固定期間の後、また手術後にリハビリ治療も必要になります。

副子固定
副子固定
手術治療
手術治療

突き指受傷時の処置

突き指になってしまったら、指を引っ張って直すという民間療法を耳にした方は、たくさんおられると思います。これは間違いです。
骨折、脱臼、靱帯・腱損傷を伴っているなど怪我の状況は多彩です。レントゲンも取らずに、腱や靱帯の部位場所も分からずに力を加えることは、怪我の状態を悪化させる可能性が高くなります。
まずは指が動かないように固定(適当な添え木 : カップアイスのスプーンでも、割りばしでも、何もなければ、隣の指と揃えてテープ固定しても)し、アイシング(氷を入れたビニル袋、保冷材、水道の水だけでも)を行ってください。明らかに変形している場合はすぐ、ひと晩経っても腫れや痛みが引かない場合は、整形外科を受診してください。

ページの先頭へ