猫山宮尾病院のかっぱ伝説

かっぱ伝説

挿絵1

むかし、むかし、京ヶ瀬村の猫山という土地にかっぱが住んでいました。

挿絵2

かっぱはイタズラが大好き。
馬をイジメたり、作物を盗んだり、人間を困らせては喜んでいました。

挿絵3

それを見かねた宮尾家のご先祖さまはある日、かっぱの腕を切り落としてしまいました。かっぱは悲鳴をあげ逃げてしまいました。
ご先祖さまはこらしめた証拠としてその腕を持ち帰りました。

挿絵4

それから毎晩、かっぱは腕を返してほしいと懇願しました。
7日目の晩になるとかっぱの顔はさらに深刻です。

挿絵5

「切れてしまった腕などどうするのか」
とご先祖さまが聞くと
「家伝の薬で腕が元に戻ります。でも 7日過ぎてしまうと薬が効かなくなるのです。もうイタズラをしませんから、返してもらえないですか?」と答えました。

挿絵6

かっぱは反省しているようだし腕を返してあげました。
さっそく腕に薬をぬり、体にあてると、みるみる腕がくっついていきました。
かっぱは大変喜んでお礼に家伝の薬を教えて川に戻ったとさ。

秘伝の薬「猫山アイス」

深緑色の粉末を水で溶き、耳たぶくらいの硬さになるまで練ったら和紙にのばして患部に張る湿布薬です。「打ち身・くじき」の良薬として平成元年に製造を中止するまで全国各地よりお問合せ頂きました。

製法を伝授した人物についてはかっぱが深く関わっていたと伝えられおり、伝承される全国各地のかっぱ伝説の一例としても有名です。

猫山アイス

ページの先頭へ