ごあいさつ

院長あいさつ

宮尾益尚

病院長
宮尾益尚

皆様こんにちは。病院長の宮尾益尚です。

この度は猫山宮尾病院ホームページへアクセスいただきましたことを、職員一同心から歓迎いたします。

当院は宝暦元年(1751年)、初代宮尾宗閑が新潟県北蒲原郡(現阿賀野市)大字猫山の地において医業開業後約180年を経て、昭和10年新潟市(現中央区)西大畑町に病院を設立、以後73年間、

  1. 確実・安全・安心な医療サービスを地域に提供します。
  2. 患者様が元気で暮らせるための医療を目指します。
  3. 職員が生き生きと働ける職場環境を創ります。

を病院理念として掲げ、”気力・体力を向上し、元気で家へ帰ろう”の心で整形外科専門医療を地域に提供してまいりました。

そして平成20年11月1日、現在の鳥屋野潟南西部へ新築・移転いたす運びとなり、新しい病院は、

  1. 整形外科急性期・慢性期疾患、スポーツ外傷・障害に対する専門医療の提供。
  2. 運動器疾患に特化したリハビリテーションの実行。
  3. 生活習慣病の管理と健診事業およびメディカルフィットネス事業。

を基本構想として更なる発展を目指します。

診療面では整形外科専門医の確実な診断の下、整形外科専門スタッフが保存療法・手術療法を施行、同時に運動器疾患に特化したリハビリテーション(外来・入院急性期、通所、訪問リハビリテーション)を実行し、患者様が元気で生活の場へお帰りになれるような医療サービスを提供できればと考えております。

また専門医療の中でも特に膝関節・股関節外科に焦点を絞り、人工関節置換術、関節鏡視下手術を多く手掛けています。

更に新事業として健康管理部門を設置し、旧新潟市内病院初となるメディカルフィットネスCUOREを別棟に開設いたしました。通常のフィットネスとの違いは、全利用者を対象にメディカルチェックを施行し、個々の健康状態に合った運動プログラムを作成し、医学的管理のもとで運動指導を提供していることです。運動時のメディカルチェックや各種健康診断は本院の健診部で実施し、健診結果を直接説明するとともに健康アドバイスを行っております。さらに、生活習慣病を専門に扱った内科外来診療では、疾病予防はもとより、薬物療法のみならず栄養指導・運動処方を含めた生活習慣病対策に取り組んでいます。

新生猫山宮尾病院はまだ始まったばかりですが、古き伝統を重んじつつ、皆様の御支援の下、新たなる飛躍を志して職員一丸となり前進する所存でございますので、今後共何卒宜しくお願い申し上げます。

副院長あいさつ

涌井元博

副院長
涌井元博

猫山宮尾病院のホームページにおいでいただきありがとうございます。

当院では整形外科専門医療の中でも特に膝関節・股関節の人工関節手術に力を入れて取り組んでいます。高齢化が急速に進む中、寝たきりにならずに自立した生活を送りたいというのは、誰もが抱く願いです。また、年をとっても趣味などを楽しみながら活動的で豊かな生活を続けたいという方も増えています。膝・股関節疾患のためにこのような願いや希望が困難になっている患者様に対して人工関節手術は大きな一助になりうる治療法です。私たち医療スタッフ一同はただ単に関節機能を改善するためだけではなく「患者様一人一人の人生をサポートする」という姿勢で取り組んでいきたいと考えています。

当院の病院理念には「確実・安全・安心な医療サービスを提供する」および「患者様が元気で暮らせる医療を目指す」ことに加えて、「職員が生き生きと働ける職場を創る」ことを掲げています。元気になった患者様から逆に私たち職員がパワーをいただき、次の診療や医療サービスに生かすことができればと思っています。患者様に質の高い医療サービスを提供するためには私たち職員一人一人が医療専門職として自ら日々研鑚しなければなりません。それとともに強固な信頼関係で結ばれたチーム医療が大切です。患者様と職員および職員同士が心の通い合った医療を目指していきたいと思います。

ページの先頭へ