リハビリテーション

当院には、理学療法士が15名、作業療法士が4名勤務しております。

リハビリテーション科は、5階の運動器リハビリテーション室と1階の通所リハビリ室にそれぞれスタッフが配置されており、急性期と介護の分野でリハビリテーションを展開しております。

理学療法では術後、受傷後の状態に応じて関節を動かす練習や弱くなってしまった筋力の回復を促す訓練やベッドから起きる、座る、立ち上がって歩く、階段を昇り降りするなどの生活していく上で必要な基本動作の練習を中心に行います。さらに、スポーツをされている方々にはスポーツ活動への復帰を目標に、より専門的なトレーニング、動作指導を行うこともあります(詳細は下記のアスレチックリハビリテーションをご参照下さい)。

平行棒内での歩行練習
平行棒内での歩行練習
階段昇降練習
階段昇降練習
バイオデックスを用いた膝関節筋力測定
バイオデックスを用いた膝関節筋力測定
トレーニング指導
トレーニング指導

作業療法では基本動作が食事、整容、更衣や入浴など日常生活のより具体的な行動に結びつくように練習をしていきます。また、上肢の骨折、怪我後の患者様に対して関節を動かす、指先を使った細かな作業、道具を使う練習やスプリントという手や指の機能回復を補助したり、関節の変形を防ぐなどの装具を患者様に合わせて作成したりもしています。

入浴動作練習
入浴動作練習
スプリント作成
スプリント作成

『元気で家に帰ろう。』をモットーに、スタッフ一同、患者様が1日も早く目標とする活動に安全に安心して戻られるように、医師、看護師など他の医療スタッフと協力し、入院や手術、受傷後早期からリハビリテーションを展開できるように取り組んでいます。

通所リハビリテーションでは、介護保険のもと、個々の利用者様がご自宅で自立した生活を続けられるように、生活に重点をおいた個別リハビリプログラムを作成します。

理学療法士や作業療法士、看護師、介護福祉士等の専門職が、計画に基づき集団体操~個別リハビリテーションなど、様々な工夫を図り、皆様のリハビリ、生活支援を実施しております。

アスレチックリハビリテーションとは何ですか?

日常生活や職場復帰などを目標とした一般的なリハビリテーションと異なり、患者様が求めるレベルのスポーツ活動へ復帰することを目指します。 ケガによって低下した体力や身体機能を回復し、競技復帰に必要な運動機能を獲得するため、ランニングやジャンプ等のスポーツ基本動作や各競技特有の動作を練習したり、ケガをした部分に関連する部位の筋力、全身持久力、柔軟性、敏捷性、瞬発力、動作の協調性といった身体機能全般の向上を図ります。

 
 

アスレチックリハビリテーションの対象になるのはどのような場合ですか?

当院の場合、対象にしているのは

  1. スポーツ選手、愛好家で整形外科疾患(膝前十字靱帯、半月板損傷、アキレス腱断裂など)の手術を当院で受けられた方
  2. 腰痛、足関節捻挫、靱帯損傷などでスポーツ外来を受診された方

原則として、高校生以上が対象になります。

手術、ケガをしてからどれくらいの期間で始められますか?

当院の場合は、術後や受傷直後の急性期といわれる期間は医学的な管理が必要ですので病院でのメディカルリハビリテーションが行われます。痛みや腫脹などの炎症症状が改善し、患部の機能回復が進んである程度日常生活に支障がなくなった段階がアスレチックリハビリテーションへの移行時期ということになります。ケガの状態や手術の方法によって時期が異なりますので主治医の判断にしたがって決定されます。

その際、病院のリハビリ担当者からアスレチックリハビリの担当者へ経過の申し送りが行われますし、万が一患部に不具合が生じた場合でも担当医との連絡が速やかに行われるようなシステムになっています。

利用時には担当の理学療法士が身体機能や動作能力の評価をし、それに基づいてトレーニングメニューを作成します。トレーニング場面においてもフォームや負荷量、患部の状態を確認しながら行い、より安全にスポーツ復帰できるように配慮しています。

学校や仕事でなかなかリハビリに通うことができないのですが?

基本的に月に1回は病院の外来受付時間内で受診をしていただきますが、当院のアスレチックリハビリテーションは病院ではなく、併設しているフィットネスジムを利用して行っています。毎週月、金曜日の17時~20時に完全予約制で行っておりますので、終業後や放課後に利用していただくことが可能です。

 
 

利用したいのだがどうすれば? もっと具体的に内容が知りたい! 資料請求希望などご質問がある方はこちらまでご連絡下さい。

reha@nekoyama.or.jp(担当 : 水谷/松田)

当院では、スポーツにおけるケガを予防するため、Nekoyama Health Support(NEHSU)というプロジェクトを立ち上げスポーツ傷害予防活動を行っております。具体的な内容として、3つの項目を軸に行います。

1. 講義=知識の構築

スポーツに関するケガについての知識や、競技特有のケガについて学習します。
身体の構造や栄養に関しても説明します。

 

2. メディカルチェック=自分の身体の特徴を理解する

身体の骨格、柔軟性、俊敏性、筋力などを簡易的に測定し、個人の特徴を個々に説明します。

 
 

3. コンディショニング=ケガのしにくい身体の獲得と運動スキルの向上

柔軟性、俊敏性の向上、筋力強化など、身体的な準備を整えることで、ケガの予防につなげるとともに、スポーツパフォーマンスを最大限発揮できる身体作りを行います。

 
 

タイムスケジュール(一例です)

スポーツ傷害に関する講義 :45分
メディカルチェック :60分
コンディショニング指導:60分
質疑応答:15分
※おおよそ3時間程度ですが多少変更もございます。

スポーツ傷害予防活動実施に当たり

ご希望により、開催内容は変更可能です。
開催場所は、ご希望により学校などのスポーツ現場または当院でも行えます。
事前にご相談させていただきます。

お問い合わせ先

猫山宮尾病院 リハビリテーション科
TEL:025-282-2333(直通)
E-mail:nekoyama.nehsu@gmail.com
担当:松田孝史

ページの先頭へ